石垣市民ラボ 市民放射能測定室

測定について

食品・飲料中のセシウム134、137について、通常各1Bq/kg台の検出限界で測定します。結果は最短3時間、通常1日以上かかります。


400gが最適

測定を希望される方は、400g以上 のサンプルをラボまでお持ちください。200gから測定できますが、短時間で精密に測定するためには400gが最適です。賞味・消費期限を過ぎた食品でも問題なく測定できます。
測定結果はメール等でご連絡いたします。


 

測定受付対象 

八重山在住者及び滞在者
※ 離島にお住まいで配送を希望される方は、ご連絡ください。

心配な食材も測って安心

測定対象検体

飲食物全般:生産地は国内外・地域は不問
洗剤、油脂、 土壌、飼料 :事前に要相談
※ 高濃度が予想されるもの、及び汚物・排泄物は除外

測定料金

一般 500円/件
ラボ会員 100円/件(会費:月払い500円、または年払い5000円)

測定機器

ドイツ ベルトールド社製 NaIガンマ線スペクトロメーターLB2045
スペクトル解析ソフトウエア J-Gamma

LB2045

測定放射線=ガンマ線
ヨウ素131、セシウム134、137、カリウム40
測定限界(下限) 1Bq/kg
測定時間 1~24時間(検体により変わる)
検体容量 400㏄/件(目安:200g~400g)

 

測定機器の安定性と精度

LB2045の感度の安定性については、標準試料を測定し確認しています。詳しくはこちらをご覧ください。
→ 標準試料中のセシウム放射能濃度(毎月更新)
→ ラボレポートNo.6 石垣市民ラボ測定器の安定度と精度

 

※ 測定後の依頼品は原則として測定所で廃棄します。
※ ストロンチウムやプルトニウムなどのガンマ線を出さない核種は検出できません。
※ 厚生労働省の定めた「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に対応可能な機種であり、公益社団法人日本アイソトープ協会の認めた事業主より購入し講習を受けております。

 

会員のお申し込み

会員のお申し込みは、ラボにて受け付けております。
守秘義務に同意して会員登録した方には、石垣市民ラボが測定した全てのサンプルにおいて、わかる範囲内での生産者名、製造会社名、販売会社名、商品名が閲覧できます。

 

Topics

2019.06.11
事業・会計に関する年次報告書
2019.06.10
測定結果一覧 更新
2019.06.10
測定機の感度の安定性 標準試料中のセシウム放射能濃度 更新
2019.06.10
ご支援のお願い 
2016.12.06
ラボレポートNo.12 石垣市民ラボの測定結果紹介(報告会資料) 
2015.04.18
小出裕章氏講演会「原発事故から学ぶ ~万一の台湾原発事故にどう備えるか~」YouTube動画公開

最新の測定結果はブログで配信

石垣市民ラボ

受付日時:水・金・日曜 10時〜12時30分
沖縄県石垣市登野城233 → Map
(八重山高校の南、4号線沿い)
Tel & Fax 0980-87-5487
→ お問い合わせフォーム

NPO法人 石垣市民ラボ 市民放射能測定所 Citizen's Laboratory for Radioactivity Measurement